スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カタルーニャを語るーにゃ!

今日の一発目!
ちょっと今回は趣向を変えてまちがい探し的ななにかだじぇい!
まちがい探し 1枚目
上のSSと、今回の記事の一番最後にあるSSを比べると、明らかに違うところが1か所だけ存在するのだ。
非常に難しいと思うけど、わかるかな?
なお、申し訳ないけどSS撮影の都合上、空の雲の位置微妙な撮影アングルの違いによるものは除外させていただきやす。
まぁヒントを言うと、ズバリ!
あ た し !
・・・おっとっとっと。
焦る気持ちもわかるけど、とりあえず今回の記事をまったり読んでからチャレンジしてちょうだいませ!!





ミニイベントの司会という大役を果たして6日が経過。
ファンレターが届く気配まったくなし!
こんにちは、あたしです。


あたしがこの世界に足をつっこんでから半年。
ブログ開設からも1か月が経過。
その間、商会イベントやブログを通じて様々な発見、様々な出来事、そして様々な出会いを通じて、ちょっとは馴染めてきたかな?と思う今日のよき日。




やっと・・・。
やっとですよ・・・。




やっとブログにて本編が始まります!w




ようはあたしのメイン活動である冒険分野に関する航海日誌。
ただ発見物を見つけました?♪ってだけでなく、そこから派生したトピックなんかもちょっと調べてお届けしたい次第。
ようはあたしがたまに商会チャットでやってる、
「興味が出たので
ググってみたぜ
ぽっぽちゃんのコーナー」

のブログ版w
まぁやっつけ仕事的なとこもポロリポロリと出てくるかと思うけど、もともと世界史関係に興味があって踏み込んだ世界なので、よろしくお付き合いくださいませ。
なにごとも勉強?勉強?。




記念すべき第1回目は、ある沈没船の発見を起点に浮かび上がった、2つの国の物語!
というお話。

※「伝説のほとりを目指す冒険記」カテゴリーの記事は基本的にネタバレを含む可能性があります。
全然おk?な方のみ、続きをお読みください。






さて、あたしがこの前の「オポルト料理まつり」に持っていったダヴィデ裸族漁神像。
なぜか・・・いやいやめでたく2体売れてしまいw
「さぁ・・・今度こそネタに詰まってきたぞ?・・・」
と悩みつつ、一度リスボンに戻ったときのこと。
商会のオシャレサルベージャと化しつつあるエレオノールから
「引き揚げたての新鮮な沈没船の探検に行こう!」
とお誘いを受けチュニスで合流?。
いつものコンビ達
会う度に着てる服が違うのはさすがだw

こっそり・・・
【大航海時代Online】かわいいあの子と手を繋いでみた【こっそり】




そんなこんなで珍しく艦隊フルメンになったので、サクっと潜入だじぇい!
うん、盗賊侵入時にみんな逃げるわ逃げるわw
結局あたしとエンツォさんが最後まで残りなんとか殲滅し・・・。
アブキールの難破船
これがなんと発見物いえーい!
あたしとしては累積2つ目の沈没船発見でっせ。



カタロニア船籍の貿易船って話なんだけど・・・。
んじゃカタロニアってどこかいな?って疑問が。
あたしゃ考えだすととことん探りを入れていくタイプ。
てことで、ヴェネの自宅で文献を漁って漁って漁りまくり。




・・・ほうほう!
カタロニアってイスパニアにあるバルセロナからピレネー山脈あたりにかけての地方名だったわけね!
(ちなみに現地語ではカタルーニャ)
でももともとは小さな伯領から次第にまとまって、9世紀初頭にはフランク王国臣下としてカタルーニャ君主国として成立。
10世紀にフランクのもとからは離れるんだけど、結構勢力を拡大させていったんだね。
当時あのあたりはレコンキスタ、つまりキリスト教国によるイベリア半島の再征服運動の真っ最中。
カタルーニャはアラゴン王国と対等の権限下での同君連合(つまり王様は一緒なのよね)が成立したのを機に、なんとシチリア王国、ナポリ王国あたりまで支配を拡大。
15世紀に入るとカタルーニャ=アラゴンとカスティーリャ王国との間で同君連合が成立。
ところがぎっちょん!そのころ疫病の流行や内乱の勃発が重なって、国力的にカスティーリャより劣ってたカタルーニャ=アラゴンは、政治的権力をほとんどカスティーリャに持ってかれた形に・・・。
このカスティーリャこそ、ズバリ!
今やアメリカ大陸のほとんどを植民地とし、ポルトガルと勢力を2分するほどになったイスパニア帝国の前身。
カタルーニャ=アラゴンも時代の波に飲まれ、ついにイスパニアに吸収合併されてしまいましたとさ・・・。
なんとまぁ沈没船の由来調べてる内にいつのまにかイスパニア誕生秘話になっちまったじぇいw




とりあえずこの船は推測するにカタロニア全盛期の14世紀頃の貿易船なのかな?
だってアブキールっちゅうのはナイル河口からアレクサンドリア近郊まで広がる湾の名前だから。
つまり当時からエジプトあたりまで貿易が盛んだったんやね。




あ、そうそう、このアブキール湾あたりで戦争をやらかしてる有名人がいたこともわかったんだじぇい。
このへんを冒険した人なら一度は聞いたことがあるかも。
その人はローマにその人ありと言われたユリウス・カエサル
クレオパトラの愛人としても有名だねw
当時エジプトはプトレマイオス朝が支配してて、国王プトレマイオスとその姉クレオパトラとの間で内戦が勃発。
ローマからエジプトに派遣されてたカエサルはその調停に入ったんだけど、なまじクレオパトラちゃんとあ?んな関係になっちゃったもんだから国王が大激怒!
戦争に突入するんだけど(BC47年)、戦力、経験ともに勝ってたローマ軍の快進撃によりプトレマイオス側は壊滅。
王のナイル河入水自殺をもって戦争は終了。
カエサルはエジプトの実質的な支配権とクレオパトラちゃんの愛を両方獲得して力をつけていくわけだ。
しっかし、そのあと二人に苦難と悲劇の道が待ち受けるわけだけどそれはまた別のお話ww




え?そんなよりもっと有名な戦いがアブキールであった?
そんな記録どこにもないじぇい・・・?




※どうも中の人ですw
それはおそらく1798年に起こった、ナポレオン率いるフランス軍とイギリス軍が激突したナイル河の会戦(アブキール湾の会戦)のことでしょう。
これは大航海時代以後のことなんでここで詳しく扱うのは避けさせていただきます。
ただフランスがズタボロにされたとだけ言っておきましょうかw





あんまりしゃしゃり出てくると嫌われるじぇい?中の人・・・。




さて、あたしがカタロニアについての素朴な疑問が浮かんだ時に、艦隊内では別の疑問が浮上して話題に。
Q:沈没船で落ちると?
1:永久に沈没船に閉じ込められて海の底。
2:潜水艇として沈没船を獲得できる。
3:魚人島へ行ける。



答:出航所に出る
Doonさんが落ちる際に検証の為、再ログインしてくれたじぇいw
なんか喉のつかえが取れた気分。スッキリスッキリ!






ではではおまちかね!
まちがい探し2枚目のSSでっせ!!
この超難問・・・わかるかな??





























まちがい探し 2枚目
ついカッとなってやった。反省はしてない。


スポンサーサイト

テーマ : 大航海時代Online
ジャンル : オンラインゲーム

コメント

非公開コメント

No title

間違え探し、難しい・・・(・ω・;)
どこが違うんだ!?(・ω・;)

No title

分かった!!
簡単ですよ^^
テンパが治ってる!!!!!

No title

>ハルちゃ、天さん
正解は!

ヘソがちょっとラブリーになった。

でした~!

No title

ホントだー。
思いっきりボディブローかましたい(`Д´)ノ
プロフィール

ククルクル

Author:ククルクル
B鯖ヴェネツィア籍
通称「ぽっぽ」
メイン冒険者ですが、やってることは芸人です。



ランキング参加中!
波長が合ったらプッシュプッシュ↑

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
著作関連表記
(C)2005-2009 KOEI Co., Ltd. All rights reserved. このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。 また、ブログ内のゲーム画像において、「ククルクル」以外のキャラクター名が出ているものは、プレイされている御本人様から事前に許可をいただき掲載しているものです。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。