FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

農民画家と巨大な塔

今日の一発目!
是非、水木の兄貴とコロ○ビアゆりかご会の歌声に脳内変換して楽しんでちょうだい!



砂の嵐にかくされた・・・
砂の?嵐に? かくさ?れた?♪



バビルの塔に住んでいる・・・
ピサの斜塔バビルの塔?に住んでいる?♪



超能力少年・・・
銃をぶっ放す少女超?能力少?年♪




バビル2世♪

バビル?2?世?♪








地球の平和を守るため?♪
三つの・・・しもべに・・・命令だ♪

三つのしもべに命令だ♪
(ヤーッ!)






怪鳥?ロプロス?・・・
怪鳥ロプロス空を飛べ♪

空を?飛べ?!♪




ポセイドンは・・・
ポセ?イドンは?・・・

海を行け♪

海を行け?!♪




ロデム・・・
ロデム?・・・

変身・・・
変身♪

地をかけろ♪

地?をか?け?ろ?!♪







友情出演&ポセイドン制作:らぶぴーすさん
衣装協力(がおーの帽子):Doonさんでお送りししてみた、
こんにちは、あたしです。






これだけのことするだけのために、ロケに2週間かけてみたじぇい。
ただネタに命かけすぎて、ちょっとは真面目にやりやがれ!というのも事実。
まぁ今回はそういうお話。



※「伝説のほとりを目指す冒険記」カテゴリーは、クエストのネタバレの内容を含みます。ご注意ください。






さっきのがさっぱりぱりぱり・・・って人はこちらで学習!
知ってるよん!っていう人は、あたしとうまい酒が飲めそうだ。

・・・酒弱いけどw





リスマとかのちょっとしたイベント用に、あたしがいつもやってるネタバザー「ぽっぽ画廊」の存在は、ご存じの人もちょっとは増えてきたとは思う今日このごろ。
ホントのところ、ネタで済ますつもりだったんだけど、やってる内に思わぬメリットが判明したわけで。
そもそも「ぽっぽ画廊」で扱ってるのは、美術系のクエで発見できる絵画や彫刻の発見物カードと引き換えに作成するオーナメント。
んで、こっからは航海歴半年のにわか冒険者であるあたしのド素人なりの考えになったりする。


1:同じクエを回してもオーナメント化しておけば、発見のたびにカード取得分の経験値が得られる。
あたしゃホントは、いわゆるスキル上げ目的やレベル上げ目的でのクエ回しや地図回しはしない派。
ただ、美術系の発見物ってのは現状西洋美術のみをカバーしていて、クエ受注も目的地もEU圏内のみ。
クエ数も他の分野と比べて少ない(・・・よね?w)
となると美術スキルを上げようとするとどうしても同じクエの複数回クリアが必要になってくる。
なら、どうせなら経験値も!ってことになってくると、カードを一度手放したほうがちょっとはお得になるってことね。
さっきも言った通り、美術クエでは外洋に出ることもなく、移動のお手軽さも魅力。
(あ、でも北海バルト海からヴェネツィアへってのがめちゃくちゃ多いけどねw)
オーナメントにした絵は、バザーでそれなりの値をつけても買ってくれる人がいる。
まぁ、他の品物に比べて需要があるとは決して言えないけど、リスマのような状況でやるにはあたし向きだったりするわけだw


2:純粋に芸術分野が好きw
あたしゃもっとアウトドア派だと思ってたんだけどな?;;
このまえカラカスに行ったっきり、EUエリアに引きこもりが継続中・・・。
でもさ、美術は名作を大量にカバーしてるから見てて飽きないんだな?、うん。






そんなわけで今日もEUヒッキーぽっぽは名画を求めて右往左往してるわけだ。
そんななかで、あたしのお気に入りのブツは?って聞かれると・・・。


いやいやいやいや!
普段は裸族!裸族!って言ってるけど!確かに!www
ダヴィデも円盤投げも迫力あるものだけどさ・・・。
いわゆる人体美の結晶だし。
かと言って、あたしゃダ・ヴィンチのおっさんの作品もあんまり趣味ではないし・・・。


こんなんはいかがでげしょ?
ぽっぽのお気に入りの絵画

で、冒頭につながるわけだw
好きな絵、とはいうけど人それぞれに好みが違うのは当然。
あたしゃ地中海側の芸術よりフランドル派のほうが好みっちゃ?好みかな?


「バベルの塔」

ピーテル・ブリューゲル(父)作 「バベルの塔」

雲を貫くまでの高さを誇る、頑強な壁の塔。
まだ建築中らしく、よく見ると建築に携わる人ひとり一人まで細かく描かれている。
手前の高台には、おそらく塔の建築を指示した王を含む視察隊。
塔の出来栄えに王様はご満悦の様子。


モチーフとなったのは、旧約聖書「創世記」で語られる巨大な塔。
古代メソポタミア時代に実在したとも言われてるけど、定かではないみたい。
石やしっくいの代わりにレンガやアスファルトで作られた、古代の話からしてみれば最新鋭の技術による壮大な計画。
こんな塔を作ろうとした目的はなんだろう?
まぁこの手の話にはつきものの「権力の誇示と保守」ってのしかないんだろうけどね。

天まで届こうかとも言われたこの塔は、結局完成しなかった。
天をその領域とする神様の怒りに触れて、人々にそれぞれ違う「言葉」を与えられたから。
意思の疎通ができなくなった人々は、やがて搭の建設を諦めて各地に散らばっていった・・・。
残されたのは、「奢り」が生んだ塔のできそこないだけ・・・。





ちょっとおもしろい話をみつけてきたじぇい!
タロットカードってあるよね?
あれのいわゆる「大アルカナ」と呼ばれる22枚のカードのなかで「最強の凶札」なのが、16番目に位置する「塔」のカード。
これ、さっきのバベルの塔の話がもとになってるとかなってないとか・・・。


↓ひさびさにてきとー図解だじぇい
ぽっぽのてけとー図解 タロットカード「塔」
なんかタロットは「絵の中にある情報をストーリーとして追うとわかりやすい」って聞いたことがある。
では、このカードの絵を追っていくじぇい!
雷によって破壊された塔。そこから落ちてくる二人の人。
塔からは火の手が上がってるけど、落ちてる人以外に人はいないから意図的なものではない。
なので出火の原因は落雷によるものなんだけど、よく見ると曇ってはいるものの雨は降っていない・・・。
つまりこの雷は自然現象ではなくて「神の怒り」を表したもの。
この「破壊」は何人たりとも止めることはできないという暗示。
そして、左の人は落ちながらも王冠を必死に拾おうとしてるようにも見える。
この神の行いが自分たちの「傲慢と虚栄」が生んだにも関わらず、まだ自分の地位に固執している・・・。


あたしも人間だから、多少の見栄があるのは当然。
でも、あんまりにも見栄を張りすぎても、のちのち予想外の痛?いしっぺ返しが来るから気をつけろよ!
っていう意味・・・かな?w
そんな軽いことじゃないか・・・。


ちなみにタロットの凶札というと「死神」や「悪魔」ってのもあるけど・・・。
「死神」が下す死は「再生」のための準備って意味合いが強いし、「悪魔」のほうもモチーフがアダムとイヴの禁断の果実、つまり「誘惑」の暗示なんだって。
なるほどなるほど。







ところで、ブリューゲルの絵のほうに話は戻るんだけどさ。
・・・なんか・・・違和感がない?


うん、聖書の話をモチーフにしてるわりに塔やその下に広がる町並みが新しすぎるのよ、時代的に。
特に際立って目立つのが塔の外観。
あたしも言われて気づいたけど、これ、ローマのコロセウムに似てるよね?
バベルの塔をイタリアの建築物に模して描いた理由。
それは当時激化してたカトリックとプロテスタントというキリスト教内の対立がきっかけだったらしい。
ブリューゲルの活動拠点はアントワープなんだけど、その頃のアントワープはヴェネツィアなみに賑わってた貿易港だったらしい。
折しも当時はドイツのマルティン・ルターによる宗教改革が始まったころ。
カトリック側は権力者達の後ろ盾をもとにプロテスタントの弾圧にまで手を出し始めたわけで、その影響がアントワープにまで広がった。
つまりカトリック側(トップはローマ教皇)のやり方、現状をバベルの塔の逸話に見立てたブリューゲルなりの批判と抵抗のようにも思えてくるんだな・・・。






絵画って、貴族や教会の依頼で描くことが多いけど、ブリューゲルの絵は常に庶民の視点からだった。
好んで描いたモチーフは農民や庶民の身近な生活風景。
でも彼独特のユーモアや風刺がいつも絵に込められていた。
そしてついたあだ名が「農民画家」

あたしが見つけてきた中でも2作品。
「ネーデルランドの諺」

「ネーデルランドの諺」
当時の庶民達の姿を、90以上の諺に見立てて描いた作品。


「怠け者の天国」

「怠け者の天国」
美食に溺れ、怠ける人達しか描かれていない・・・。




「バベルの塔」のような聖書や伝説をモチーフにすることも多かった。
でもそれはいわゆる「お決まりの形式に則った宗教画」ではなくて、彼なりの価値観のもとに成り立つ風刺画の世界。
そしてほとんどの絵に、あがくように生きる庶民達の姿が・・・。


ブリューゲルが追い求めてきたのは、「選ばれた人間」ではなくて「ごくごく当たり前の、でも素晴らしい人間達」・・・だったのかな?






・・・え?
「バベルの塔」の絵がもう1枚存在するって!?
同じ名の絵が2枚存在する?
そういうのを聞くとウズウズしちゃうのがあたしのあたしたる所以!


再度北海へ渡って?・・・と。
お?・・・たしかに・・・。
「バベルの塔(小)」

ピーテル・ブリューゲル(父)作 「バベルの塔(小)」


絵のサイズはさっきのものと比べると約4分の1。
でも、人ひとり一人の描写は手を抜くことなく描かれている細かさ。
塔はほぼ完成に近づいてるけど、さっきのものと大きく違う点は全体的に赤く染まる塔と、頂上付近にかかる黒い雲。
まるで、聖書で語られる神の怒りが刻一刻と近づいてる、そんな印象。


・・・人はあやまちを犯し続ける生き物・・・。
でも、それはきっと絶対ではないから・・・。
過ちは正すこともできるし、未然に過ちを防ぐこともできるから・・・。




2つの「バベルの塔」が、あたしに教えてくれたこと。






スポンサーサイト

テーマ : 大航海時代Online
ジャンル : オンラインゲーム

コメント

非公開コメント

No title

バビル2世、めっちゃ好きだったww
2週間かける価値はあったと思います!!

バビネタも大変いいですが、個人的に後半の記事はかなり好きな分野です><
俺の母親がその昔画家を目指していたので(今は水墨画描いてるw)絵にはめっちゃ興味ありあり。
けど全然詳しくないからこういう記事は本当に面白い!!
もともと好きな大航海時代の背景(宗教・文化・経済・それらにまつわる遺物など)を踏まえた視点で見ると、また違った目線で楽しめますよね!!

No title

んータロットの話とかわかりやすかった^^
興味もっちゃったワ~♪

絵とかもいろんな意味が込められてて
結構面白かったりしますね~。

No title



・)

_・)

・_・)

☆Д☆)ハト ウマソウニャァ・・・ハァハァ

(ごそごそ)

・・)つ【置き手紙:(走り去っていくロデムが好きですにゃ)】

)))サササ・・・

なぁ~るほどっ

それで冒頭で何故かバ○ル二世なのねー、それでブリューゲルの名画からかぁー、あははははー・・・ってなんじゃそりゃーッ!凝りすぎだぁ~~ッ!!www

動画を追っていったら

ATUI動画集を見つけてずっと見てる俺がいた!

美術!美術!

美術クエをやってると本物の絵画の方にも興味がわくですよね~♪
きなこ。は全然絵画とかわからなかったんだけど、美術クエをやってからいろいろ調べるようになったです(*'-'*)

前に・・・急にバビル2世の歌が頭に思い浮かび、でも途中から歌詞とかわかんなくってすごい気になって、その場でアカペラで歌ってもらったことが・・・w
懐かしい(*'д')('д'*)ね~

おもしろーい!

プロモーションSSだね♪
こーゆーのもやってみたいかも~(。'-')(。,_,)ウンウン

No title

>りょーちんさん
2週間かけてアレだし、これからアレ並の一発目を期待されても困るw

EU諸国にとってはこの時代は急に世界が広がった時期ですから、経済、政治、芸術、さまざまな分野で転換点を迎えてます。
あたしも興味あれどじぇんじぇん詳しくないんで、調べながらもっとみんなでこの時代を知っていこう!って感じでやってます。


>花凛さん
タロットは小アルカナも含めて「一つの大きなストーリー」って感じで見るととってもおもしろいですよ~!
他のカードとの関連性とかもあったりw

絵に込められた意味、これって一瞬で見れる「文学」って感じですよね。


>黒猫のミーナさん
ご来訪ありがとうございます!
コメに関して2種類の解釈が取れるのでwww

1: >Д<)アタシオイシクナイカラー!

2: ・Д・)アレ、ハトジャナクテカモメー!www


>パナさん
いいじゃない?w
これがあたしって奴だじぇいw

No title

>oscarsteinさん
ご来訪ありがとございます!
あたしが動画を追っていったら、いつの間にか初音ミクをずっと見てましたw


>きなちゃん
ゲーム中の説明だと、絵の解説がちょっと足りないって気がしてたのね~。
あたしも手探りで記事書いてる状態だけど、そういうのもなんか楽しいw


>マリ姐さん
まわりが動画、動画で盛り上がってるなか、あたしはこれぐらいしかできないしw
お楽しみいただけたらなにより!


>みなさん
ていうか、バビル2世に喰いつき過ぎだー!www
プロフィール

ククルクル

Author:ククルクル
B鯖ヴェネツィア籍
通称「ぽっぽ」
メイン冒険者ですが、やってることは芸人です。



ランキング参加中!
波長が合ったらプッシュプッシュ↑

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
著作関連表記
(C)2005-2009 KOEI Co., Ltd. All rights reserved. このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。 また、ブログ内のゲーム画像において、「ククルクル」以外のキャラクター名が出ているものは、プレイされている御本人様から事前に許可をいただき掲載しているものです。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。